科学的なダイエット、自分に合ったダイエット!

勉強・英語・健康

カフェ(アマゾン)のカップもすでに(クリスマス)仕様!になっています。けど、タイはまだまだ暑い!カフェ(アマゾン)で売っている20バーツのクッキーが好きで、(アマゾン)に行くと1枚買って、コーヒーと一緒に食べています。(仕事で疲れてるので、甘いものが必要!)とか言うけど、これは事実なのか?クッキー1枚の糖分は、適量なのか?多いのか??タイもデブ化が猛スピードで進んでる!感じやけど、世界的にデブ化は止まることはないような気がする。

ニューズウィークからのグラフ

【あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃焼は5%が限界、「運動したら痩せる」は科学的に大間違い】 このグラフに(タイ)が入っていないのが残念です。あと、ぼくが旅行した国では(メキシコ)がデブデブでした。

今回のこの(ニューズウィーク)の記事、以前誰かのユーチューブでも見た気がする。同じ様なことを言っていた。現在人(職種等によっては違うけど)摂取カロリーが単純に大過ぎる!ということのようです。食って太って運動しても、さほど痩せない!ってなると、ちょっとショックやけど、効果がある!と思う人には効果があるんやろし、それはそれでめっちゃ良いことです。

ぼくは1年ほど前から(1日2食生活)をしているけど、そんなに体重は減らない!と言ってメチャメチャ増えてもいないのと、2食の方が調子が良いような気がして、続けています。しかし・・・

【お酒飲む前の「おにぎり」がダイエットの味方の訳】

(空腹でアルコールを飲むと太りやすい!)という記事。ぼくは仕事が終わってから、1人でいつも飲みに行く前、なにも食べない。ちょっと心配にはなるけど、まぁ1年間ほぼ体重が変わっていないので、ぼくは朝昼の2食を続け、夜のアルコールも続けると思う。

今後、太ってきた感じがすると、また考え直さないとアカンとも思っています。健康なら、見た目がちょっとぐらいどうでも、良いような気もしています。

そばといなり寿司(うま食堂)さん

コメント

Translate »