年末にシュノーケリングをしてきた!(タオ島とナンユアン島巡り)

国内旅行

シュノーケリング初体験!いや、正確に言うと30年以上前に1回したことある。今日で2021年も終わりです。今年も1年(生き残れた)ことに感謝です。それと、この1年はまたまた最高に楽しい1年やったことに感謝しています。神様に感謝してるし、コロちゃんにも感謝です。世界をちょっとめちゃめちゃにしたコロちゃん、そのお陰で(ぼくの人生)も良い方に(変化)した。ありがとねー!

シュノーケルセットを受け取る

9時40分に旅行会社に行くと、すでに外人さんなど3人が待っていた。ぼくたちを迎えに来たトラックにはすでに6人乗っていて、空いてるところに座ると、外人のおばあちゃん(デブ)がぼくを見てるやん!なんなん??と思ったら、外人のおばあちゃん(デブやし)上がれへんのです。仕方がないので、手を差し伸べて、ひっぱり上げてあげました。

あとで聞いたら(オーストラリア)から来てるんやて!オイオイオイ、おミクロ持ってるんちゃう!手を握ってしまったがなー!離れててやぁ!

船乗り場の近くにある集合場所で、本人確認、チケットの点検などをして、シュノーケルセットを貸してもらいました。

ボートで、まずナンユアン島に向かいます。

ボートに乗ると、また別方面から参加した人たちと合流して、全部で50人くらいになって、いよいよ出発です。まずは、(ナンユアン島)に行きます。

このツアーを申し込んだ時に650バーツ払って、この日の朝(ナンユアン島入場料)をさらに200バーツ払いました。全部で850バーツ(約3,000円)で、シュノーケルセット、ランチ、飲み物付きです。

ナンユアン島

ボートの中で、その日のスケジュールと注意事項などを説明されます。そして、約30分ほどで(ナンユアン島)に到着、チケットをもらって上陸です。この島で約2時間、展望台に登ったり、海で泳いだりしました。

ナンユアン島

2つの小島からなる(ナンユアン島)、島と島の間は約400メートルで、時間帯によっては(濡れず)に行き来できるみたいやけど、今日は腰近くまで水が来ていました。

GoProもグーグルフォーン(ピクセル)も、防水でよかった!ジャバジャバ入って行けました。

みんなで仲良く(島渡り)!
ランチタイム

ボートに戻ると、お弁当が用意してあって、次のシュノーケリング・ポイントへの移動中にランチをしました。泳ぐと腹が減るので、みんなもりもり食っていました。その他に、ビスケットやフルーツが用意してあって、水やコーヒーも飲み放題となっています。

タオ島

午後は(タオ島)のシュノーケリング・ポイントを3ヶ所ほど回りました。各ポイントで、40分ほど時間を取ってくれるので、シュノーケリングをしたり、ただ海につかってるなりして、各自で楽しんでいました。

はじめてのシュノーケリングやったけど、めっちゃ楽しかった。まぁ、ぼくは普通には泳げるので、海の中の魚をGoProで撮影!てのをめっちゃ楽しんでいました。まぁ、自然・魚相手なんで難しかったけど、面白かった。

けっきょく、3ヶ所とも飛び込んで、GoProで頑張って、魚を撮影していました。

夕方、5時前に朝集合した旅行会社(ホテルのちかく)まで帰ってきました。

そうそう、朝(手)を貸してあげた(オーストラリア)のデブのおばぁちゃんと、その後すっかり友達になって、ボートの上などで(あとはみんなカップルなので)ずっと話しをしていました。

なんと、ホテルも同じでした。偶然!というか、もう(運命)かもしれない!この年末に!!!!

スラタニからサムイ島に来た!けど、ビーチ前の通りはゴーストタウンになってる!

ヒッカドゥワ、スリランカのビーチで、サメを食べる。

(アランヤ)のクレオパトラビーチ!

コメント

Translate »