タイの人の目を見て話そう!褒め言葉を口に出そう!

バンコク

微笑みの国タイランドで暮らしています。最近、何かで(日本人は目を見て話さない)みたいな事を読んで、そうなのか?と考えていた。相手の目を見て、話してると思うんやけどなぁ!

【人の目が直視できない。日本人は相手と視線をあわせるのが苦手(日本・フィンランド共同研究)】

まぁ(フィンランド人がどこまで日本人のことを解っとるんじゃい!)という気もするけど、そうなんかぁ??気にしたことがなっかたので、今度ぼくは(相手の目を見て話してるか?)ちょっと意識してみたいと思います。

(相手の目を見て話す)は分からないけど、ちゃんと(挨拶する)はするようにしていて、知り合いなら(笑顔で!)というのも意識して、微笑んで挨拶すようにしています。

コンビニのカウンターに商品を持って行った時に、まず(挨拶)、お金を払って商品を受け取ったら(ありがとう)は絶対に言っています。

BTSの窓口でラビットカードをチャージする時、窓口に行ったらまず(挨拶)、お金を払ってチャージが完了して、ラビットカードをもらったら(ありがとう)、絶対です。

フィットネスクラブに行ったら、微笑みながら(挨拶)、絶対にします。

町を歩いていて、キレイな人と目が合ったら(微笑む)、絶対です。

すれ違いざまに、振り返ってそのキレイな人の後ろ姿も確認します。絶対です。

ここは(微笑みの国)タイなんで、微笑んで(気を悪くする)タイ人はいないと思うんで、簡単にできて、少しでも印象が良くなるなら、やった方が良いと思いってしています。

最近は(微笑む練習)のおかげで、ナチュラルな微笑みができてると思います。ナチュラルな!です。

みんな絶対に(好かれたい)やろし、それでも(好かれる人、好かれない人)に分かれます。

また中田さんのユーチューブ大学にあるように(話しかけたくなる人、ならない人)も、そんなところ(目を見て話す・聞く)(挨拶をハッキリする)(微笑む)などで、他人への印象が決まるんではないかと思います。

さて、意識と練習!

インスタグラム(くに旅)

ユーチューブ(くに旅)

ツイッター(くに旅)

コメント

Translate »