(ヒラリー1)で出会ったタニヤさん、今日(旅立ち)です!運命やなぁー。

Play-Hobby

またキレイな女の人と出会いました。あまり客の入っていないバー(ヒラリー1)を出ようとした時に、タニヤさんが入ってきたので、声をかけて、中に戻って一緒にサンミゲール・ライトを飲みました。

以前(ヒラリー2)で見たことがある!と言うと、(私も、見たことある)と言っていました。笑顔が少なく冷たい感じのタニヤさん、話してみるとそうでもなくて、まぁまぁ話しやすいタイ人女性でした。

タイヤさんも(夜働く女性)で、最近のバンコクは稼げないので、プーケットに行くそうです。

コンケーンからバンコクに来て4年、コロナでぜんぜん稼げなくて、プーケット移住を決心したそうです。

応援の意味もあって、ぼくの誕生日もあって、酔うまで乾杯をしていました。

けっこうガラガラの(ヒラリー1)で、好みの人に出会えたのは(ラッキー)でした。

たまたま先週、ぼくがプーケットに行っていた!と言うと、どうだった?人、多かった?などと聞いてきたので、ぼくのユーチューブを見せて、(バングラ)は人がいっぱい!クラブ(エンパイア)は夜中1時半までヤッてた!などの情報をあげました。

毎晩客とって、稼ぐぞー、オー!見たいなノリのタニヤさん、頑張ってねー!

またプーケットで会いましょう!

ビールを買ってうちに来ると、ハイヒールのヒールが壊れてしまったので、ぼくのサンダル(安物)を履いてオンヌットまで帰るタニヤさん(31歳)。

ソイ7のバービア街

外国人観光客の受け入れ再開してるけど、ナナ周辺はあんまり人が多くない。やっぱりプーケットなどに人が流れてるのかもしれません。

そう言えば、マリーさんも近くプーケットに行く!と言ってたんで、バンコクの(夜働く女性)の中で、(バンコクより、プーケットの方が稼げる!)という話しが多いのかもしれない。

まぁチャレンジと行動しないと始まらないので、いいんじゃないでしょうか?

しかし、バンコクのナイトライフ、ちょっと寂しい感じがするなぁー!

もっとお金をいっぱいもった外国人観光客、バンコクに来てくださーい!

インスタグラム(くに旅)

ユーチューブ(くに旅) 

ツイッター(くに旅)

コメント

Translate »