エムクォーティエの紀伊国屋(本屋さん)に初めて行ってきた。

バンコク

本当にバンコクでの生活は楽です。海外とは思えないほど(日本のモノ)があります。タイの人も(日本のモノ)好きってのもあるので、ぼくらも普通に暮らすことができます。休みの日の午後の散歩、初めてデパート(エムクォーティエ)の中にある(紀伊国屋)さんに行って、どれくらい日本の本が置いてあるのかを見てきました。めっちゃあるやん! 【タイ、紀伊国屋さんのホームページ】

バンコクには3ヶ所、サイアムパラゴンの3階、エムクォーティエの3階、そしてセントラルワールドの5階にあります。

日本の本(紀伊国屋)エムクォーティエ

オンラインでも購入できるようなので、時間のないときはポチって本を購入できます。便利です。いい本に巡りあうと楽しい気分になるけど、なかなかそれが難しい。けど、1冊1冊読んでいかないと、良い本との出会いはないからなぁー。人との出会い、いい映画作品なども同じやと思います。

自己投資に最高!なのが本です。

カフェ(コーヒーワールド)

ぼくはエカマイ(ゲートウェイ)の【コーヒーワールド】でキャラメルマキアートを飲みながらパソコンをしてたんやけど、パソコンの持ち運び(歩いて行ってるので)重い!肩がこる!なので、やっぱりカフェ読書の方が良いよなぁ!と思いました。たまにはスマホやパソコンから開放されて、本を片手にバンコクのカフェ巡り読書!なども、これから計画していきたいと思います。

【インスタ映えする、今行くべきバンコクのおしゃれカフェ】

スクンビット通り(エカマイ)

本(読書)xカフェx散歩! これならそんなにお金もかからないし、1人で楽しい時間が過ごせます。ほな、すぐに初めましょう!気になったら、とりあえず本は買うようにしましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アジアのビジネスモデル 新たな世界標準 (日経文庫) [ 村山 宏 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/10/26時点)




☆ インスタグラム

【プロンポンの古本屋さん(Key Book)さんは開いていました。おー、読書はできるやん!】

☆ くに旅ちゃんねる

コメント

Translate »