会社の慰安旅行で、タイの人と台湾に行ってきた。ツアーだと、なんか忙しい!

台湾

タイで働いていた日系の会社の慰安旅行(2019年12月)は(台湾)でした。タイ人スタッフに(どこに行きたいか?)と聞くと、(日本)(韓国)(台湾)と、とにかく買い物ができて、食べ物の美味しい安全な国!となります。多分、タイの人に(何処に行きたい?)と聞くと、この3カ国が圧倒的に多いと思います。アフリカ、インドなどなどは、まず上がってこない!

で、会社の予算もあるので(台湾)に決定して、担当のプンさんがツアーの手配をしました。もちろん1番安いツアーを探して、合う日を探して!と申込みが終わったんやけど、ちょっとヒドかったわ。まず、(台湾)と言ってもほぼ(台北)なんやけど、毎日ホテルが変わるし、どこのホテルもめっちゃ遠い!ほぼ(台北)とちゃうやん!という辺鄙なところに建つホテルばっかりでした。

台湾ツアーのランチ

また食事も、どこに行っても同じようなものばかりで、せっかく台湾に来てるんで(小籠包)とか、美味しいの食べたいやん!屋台行きたいやん!と思っても、ホテルが離れてるんで、行けないようになっています。勝手に(買い物)をさせないツアー会社の作戦なんやな!

玄光寺(台中)

台湾旅行の楽しみは(食)と(買い物)で、観光では、まぁ(九份)くらいとちゃうかなぁ??いつく柄のお寺も見に行くけど、それよりできれば(台北)の町中でストリートショッピングを期待していたタイ人スタッフは、かなりがっかりしていました。それでも、観光地に行くと写真を死ぬほど撮っていたので、その点は楽しかったんやと思います。見る!より(ここに来た証拠写真)SNS向け!が、めっちゃ大切なのがタイの人(タイ人だけではないと思うけど)なんで、みんなで写真の撮り合いをしていたし、ぼくもしっかり(カメラマン)(助手)として、働いていました。

台北の夜市

ぼくは自分で回りたいので、あまりツアーは使わないけど、使い方によって(ツアー)は便利で安い!って言うこともあるので、訪れる国によって使い分けるのが良いと思う。けど、台湾は個人旅行で十分やし、またツアーなら飛行機とホテルだけの自由プランになってるのがいい。

英語も日本語も通じる台湾は、近いので(海外旅行)初心者の人にはピッタリの国やし、(1人旅)をしてみたい!という人にもぴったりです。また(ワーキングホリデー)制度もあるので、台湾で働きながら、英語か中国語の勉強!という人は、ぜひトライしてみてください!

【くに旅 台湾旅行の写真(2019年)】

◯ 台湾(くに旅)ブログ

コメント