(ひとり飲み会)in バンコク!

バンコク

昨日の夜も(ひとり飲み会)でした。本を持っていって、ビールを飲みながらの読書。それに飽きたら(人間観察)です。ぼくのように1人で来ている人もパラパラはいるけど、基本は友達や仲間とベラベラ会話をしながら、食事やお酒を飲んでる人が多い。プラカノンのぼくが行くバーやパブは、圧倒的に外人さんが多い。タイ人と外人さんがうじゃうじゃいます。外人さんはずっと話しをしています。

タイの人は、けっこうスマホをイジっている人が多いような気がする。ここでも文化の違いを感じます。外人は、とにかくずっと話しをしてるんやけど、まぁ聞かないし(聞こえない)。何をそんなに語ることがあるんやぁ?と思うほど、ずっとべらべら話しています。会話のコミュニケーションが好きなんやね!

で、タイの人はスマホ。まぁ、よくイジっています。タイ人の(しゃべり)って、よく考えるとあんまり会ったことがないような気がするので、どちらかというと(無口)な人種なのかも知れない。なんか、静かに飲んで食ってしてたらハッピーなんとちゃうでしょうか?

ひとりでバーやパブに行く!と言っても、店の店員さんたちと挨拶や簡単な会話などはするんで、まぁまったくの(ひとり)という感じではない。また周りもガヤガヤ人の声や動きがあるので、部屋で1人本を読んでいるとは雰囲気が違うので、(孤独)を感じることが無いのが正直なところです。ぼくにとっては、居心地がいい。

(外人が嫌い!)という人には合わないっと思うけど、(外人が好き)とか(外人が嫌い)とかの感覚がぼくにはわからないんので、そのへんは理解できない。(この人が好き)(この人が嫌い)てのはあるけど、まとめた(外人が)とか、(インドの人が)てのは、ぼくにはない。

昨日の夜は、バー(コスモ)でアサヒビールを2本飲んで、気分を変えるのに(Wマーケット)でサンミゲルビールを1本。最後にバー(P.J.オブライエン)に行って、またアサヒビールを2本、店のおばちゃんと話しをしながら飲んでいました。3件ハシゴしても1,000バーツもしないので、安いものです。

プライベートな時間、ひとりでなんとなく過ごしている、そんな生活をバンコクで過ごしています。ひとりで楽しいのか?とか、たまに聞かれるけど(ひとりは楽)やし、好きなことをしているのは、やっぱり(楽しい)です。

コメント

Translate »