タイの働く女性たちの姿。写真散歩!

#タイ生活

人の写真を撮影するのってのは、なかなか難しい。嫌がるんではないかとか、けっこう考えていしまう。まだ、タイの人は写真慣れしてるので、そうそう嫌がる人はいないんやけど、やっぱりガッとは撮れないよなぁー。そのお店で買ってあげて、袋に入れてくれてる間にパチっと撮影したり、ぼくはしています。買わないのに撮るな!とか言われたら嫌やし。

【タイのフルーツ】
写真は、タイの路上で見かける(くだもの屋)さん。氷の上に売っているフルーツを並べて、注文するとカットして袋に入れてくれます。砂糖と唐辛子を混ぜた袋も付けてくれて、砂糖大好きタイ人は(すでに)甘いフルーツに砂糖を付けて食べたりします。確実に太ります。そう言えば、タイではスイカにも砂糖です。塩で食べるタイ人はいません。で、このカット・フルーツ、だいたい20バーツくらいです。昨日、パイナップルを買ったら、20バーツでした。

カオニャオ(もち米)屋さん

しかし、タイの女性はよく働くなぁ!有名やけど、タイの女性はホンマに良く働きます。タイが世界で1番良い国(タイの人がそう言ってます。)なのは、やっぱりタイ人女性の働き!によってやと思います。

ぼくの大好きな屋台、ほぼ女性です。たまに男性が弁当を袋に入れたり、デリバリーしたりはしてるけど、美味しい屋台めしはほとんど女性が作っていると思います。カオニャオ(もち米)だけなら10バーツくらいでしょう!それに、おかずを1つ2つ選ぶと、30バーツ~になります。

ベッド・シーツ

(プラカノン生活)に慣れてきたんで、生活に必要なものは近所でできるようになってきています。この前行った(歯医者)さんや(クリニック)、薬局も多い。スーパーやコンビニ、屋台もたくさんあって、食住はめっちゃ便利です。カフェも多いし、バーなどもあります。ただ服は、あんまり良いのがない。服は屋台で買いたくないので、デパートに行っています。それでもBTSで駅2つ3つ(5分)です。

で、今日(クリーニング屋)さんにシーツを出していたのを思い出して、取りに行ってきました。仕事用のパンツ(25バーツ)、シーツ(130バーツ)だけ、アイロンがいるので(クリーニング屋)さんに持っていっています。

その他、時間外でもビールを売ってくれる店もあって、もうそこのおばちゃんと友だちです。42バーツとかやと、40でエエよ!と言ってくれるし、ぎゃくに45払ってお釣りが無いときは、(お釣り要らない!)と言って帰ってきます、助け合いのご近所関係で成り立っています。生活、楽になります。

コピー(クレヨンしんちゃん)

まぁ、基本(タイの女性)は笑顔を絶やさずバリバリ仕事をして生活しているので、良い国なんやろなぁーと良く思います。女性が明るいのも、やっぱり(自信)があるんやろなぁ!いやー、素晴らしいと思います。

実はさっきまで、このブログの設定をイジってしまって動かなくなってしまいました。ほんで、1時間半かけてやっと復旧しました。最悪やわ。今日は散歩にも行かずに(ブログ直し)をしていました。治ってよかったー。しかし、こういうのに弱いと、これからは行きていけへんなぁ。やっぱりプログラミングなど、できるようになりたいわぁー。グーグルさん、助けてぇぇー!

○ アート(くに旅)ブログ

○ 働く(くに旅)ブログ

○ くに旅【インスタグラム】

コメント

Translate »