水色のランボルギーニ、やっぱりタイ人は金持ちだぁ!

Bangkok

タイもコロ禍で(済的ダメージ)を受けているので、少しでも(貢献)しよう!と、出かけてはお金を使うようにしているけど、ぼくの使うお金!なんて、ホンマに微々たるものです。夕方、プラカノンのWディストリクトを歩いていると、1台のランボールギーニがピューと入ってきて、車から若いタイ人男性が降りて来ました。Gパンを履いた、普通の兄ちゃんやったけど、タイのお金持ちの1人です。

バンコクの町中、トンローやエカマイ辺りなどで、このような高級車を見るのは日常茶飯事なんで、特に驚くことはないけど、昨日のランボルギーニは水色(派手やなー!)だったので、目に止まったと言うことです。お金持ちなんで、高級車で遊ぶ!ことができるんやろな!楽しそうや。

【超富裕層の人数で「タイが日本越え」の衝撃……貧困化する日本人を尻目に我が世の春を謳歌するタイ富裕層の真実】

昨日のランチは、エカマイのインド料理屋さんに行って来たけど、お客さんはタイ人とインド人。そう言えば、最近のインド人も金持ちな感じがします。バンコクあたりで見るインドの人は、身なりも良いし楽しそうに遊んでいる姿から、(金の匂い!)じゃなくて、(品の良さ!)のようなものを感じます。お金持ちって、パッとみてもなんとなく分かるもんなぁ!

帰り道、(マックスバリュ)を覗いたら、たくさんの日本人が買い物をしていました。タイ人、インド人は外食!日本人は、スーパーかい!みたいに思ってしまった。(印象であって、事実ではありません。)

映画の上映時間まで、ぼくはマクドナルドのカフェラテを飲んでいたけど、タイの人なら(スターバックス)でしょ!タイの人も、コーヒー1杯500円なんて、まぁ普通になってきてるんで、お金持ちが増えてるんやろなぁ!格差も広がっては来てるけど、小金持ちも間違いなく増えている気がします。

(グレート・ホワイト)と言う、サメのパニック映画を見てきました。この映画の中では、アジア人(中国人か日本人とのハーフみたいな)が金持ち!の設定になっていました。まぁ、食われてしまうんやけど!

Wマーケット

その後は、まだ人の少ない(Wマーケット)で風にあたりながらのビール読書!の時間です。朝のカフェでの甘々分厚いクリームたっぷりのトーストとコーヒーから始まって、散歩して、部屋で3時間ほどゴロゴロして、インドランチ、映画、ビール読書!をして、アパートに戻って、ブルーチーズとクラッカーをあてに赤ワインを飲んで、また読書をして過ごしました。

約5,000円ほど使って、1日楽しみました。

タイも金持ちになってる理由の1つに、(タイの人はよく働く!)てのがぼくの意見です。以前は(タイの人は働かない!)なんて良く言われていたけど、ぜんぜんそんなことないと思う。路上を見てても朝早くから働いてるし、銀行や病院、郵便局に行っても、対応はめっちゃ早いし、どこに行ってもほぼストレスなくパッパ!と進行してるのは、ちゃんとタイの人が働いてるからやと思います。

やっぱり人が働くと、国も豊かになっていくんやと思います。

【タイが大好きで移住した人が数年でタイが嫌いになる理由を解説】

タイなら(楽に働ける!)ってことは、まったくありません。海外で働く、タイで働く!てのは、とてもいい経験になるけど、やっぱりちゃんと仕事ができないと、認められない、金が稼げない!ってことになって、タイを撤退!ってことになってしまうのかもしれません。

タイ人ではないので、金持ちになりたかったら、やっぱり(仕事)をするしかないから、しっかり働きましょう!そして、楽しい12月を迎えましょう!

コメント

Translate »