マッサージ屋さんのジョイさん47歳はボツワナで2年間ダイアモンドの加工(カット)をして働いていました。

パタヤ

ブッキング・ドットコム)で予約した安宿に行くと、ホテルが無い! えー?と思いながら、もう1度グーグルマップを確認したら、場所はあってるみたい。でも、ホテルの入口がない。見上げると、ホテル名の入った看板がある!が、入り口がない。仕方がないので、目の前にあったタイマッサージ屋さんのおばちゃんに聞いてみたら、(ここやで!)と言われました。

パタヤタイ通り

どうやら1階は入り口だけで、2階がタイマッサージ店、3階4階がホテル(ルーム)になってるみたいです。部屋でシャワーをしてサッパリしてから、Tシャツを着替えてビーチに行って、ビーチでめちゃめちゃリラックスをしてきました。

午後2時くらいにホテル(ルーム)に戻ると、外の椅子におばちゃんが座っていました。どうやら、このタイマッサージ屋さんの女性たち全員ヤメてしまって、誰もいなくなったので、おばちゃんがオーナーに呼ばれて2日前から、マッサージ屋とホテルの面倒をいてるそうです。で、(暇や暇や!)と言うので、マッサージをしてもらうことにしました。(おばちゃんを働かせろー!)

客のいないマッサージ店、かわいちょ!

で、タイマッサージをしてもらい始めてると、(アカン、しばらくやってないので、もみ方忘れてるわ!)とおばちゃんが言いました。【ほな、もう出ていってください!】

で、揉まれながらおばちゃん(ジョイさん、47歳、チャイヤプーム出身)がぼくに、(結婚してるの?)(家族と一緒じゃないの?)と聞いてきました。 アメリカなら【セクハラです。タイはOK!です。心が広いから。

(えー、独身なん、なんでタイ人の彼女を見つけへんの?)と(セクハラPart2)聞かれて、(ジョイさんは結婚してるん?)と聞くと、(子供はいるけど、独身)と答えました。 【コラー、同じやんけー!!!人のことを気にしてんと、自分のこと心配せー!!】と心の中で思いました。

そろそろマッサージ終盤、ぼくの手をマッサージして(赤ちゃんの手のようにぷくぷく柔らかいなぁー!)と聞かれたので、(最近、赤ちゃんの手も足も触ってないので分からん)と答えました。猫の色んなところは触ったり、もんだり、シガンだりしてるんで知ってるんやけどなぁ。

で、おばちゃんが微笑みながら、(あんたの手だけ、大好き!)と言いました。タイの人(褒めながら、心を突き刺す!)のが得意です。ブッすー! 傷つくー! おばちゃん、悪気まったくナーし!

料金も払わず逃げたろか!と思ったけど、最後に(マッサージしてくれて、ありがとう)とちゃんと言ってきたので、お金も払って、チップもちゃんとあげました。

今晩のこのパタヤのホテルのお客はぼくだけです。一つ屋根のした、ぼくとおばちゃんだけです。

【男と女一つ屋根のした、あとはなるようなる!】てことー!!

【バンコクのおすすめマッサージ店7選】

【バンコクのおすすめタイ古式マッサージ店 20選】

【バンコクのBTS各駅ごとにおすすめマッサージ店10選】

☆ インスタグラム

☆ ツイッター

【タイ国内旅行、おススメの3県。ぼくの好みやでぇ。】

【友達イッシーと、シラチャの(タイガーズー)に行ってきた。】

【パタヤの夜、少し復活していました。パタヤに住みた。】

コメント

Translate »