猫(マオ)を家族やとは思ってないけど、仲良く共存はしています。

#生活

京都の家には猫(マオ)がいるので、一緒に暮らしています。死んだ叔母が残したマオと2年暮らして、ぼくはタイに行ってしまった。4年経って、今回また京都で一緒に暮らしてるんやけど、まぁ仲良くくらしています。マオは(ごはん)の時以外、ぎゃーぎゃー言ってこないところが好きです。

言葉が通じないんで、家族やとは思わないけど、可愛いパートナーであることには違いない。人とは暮らせないけど、猫とは暮らせると言う、ぼく自身も身勝手な人間になってしっているのは、まぁ長い間(一人暮らし)をしてるからやと思う。この気軽さになれると、もうアカンのである。

マオ、たぶん10歳くらい

長年一緒に暮らしていると、まぁお互いを邪魔することなく生活するようになるんやけど、不思議やなぁ、言葉が通じんでも猫とは普通に共存できても、人間とはできない!なんて状況もある。いや、今の世の中、けっこう多いんじゃないか?と思ってしまう。言葉が通じないほうが良いのか?相手が、自分と違う姿をしてるほうが良いのか??

国際結婚をしている人は、どうなんやろ??日本人とより外人さんと一緒が良い!と選ぶ人たちは、言葉や文化・習慣に外見、これらの(違い)が居心地の良さ!に繋がってるんでしょうか?? まぁ、それと犬・猫を一緒にしたら怒られそうやけど、はじめっから(違う)なら、それはそれで(期待感)もさほどなく受けいられて、上手くいくのかもしれない。今日は、マオを寝顔をみながら、そんなことを考えていました。

猫用のブラシ

このブログでの収益(5月)で、マオに新しいブラシを買ってやりました。先がけっこう細くて、なんか痛そう!な感じに思えたけど、ブラッシングをしてやったら、ヨダレをたらして、気持ちいいー!と言っていました。1日に何回も、(気持ちいいー)してー!と来るようになったので、それはそれでちょっと面倒くさいんやなぁ! 自分でしろや!ちゅう感じです。まぁ、喜んでくれて良かった。

ベルギーのサスペンス映画

ベルギーのサスペンス映画【アンノウン・ボディーズ】をこれから見ます。

朝は暑かったけど、京都は午後になって曇ってきた。ほんで、家の中やとけっこう涼しい(うちは風通しがいい)ので、ぼくは映画の時間。マオは昼寝の時間mになります。

共存してると、世界中の猫の中で、やっぱりマオが1番可愛いと思うようになってしまいます。5.5キロもあるけど、顔が可愛い。慣れって怖いなぁー!

 映画(くに旅)ブログ

◯ 生活(くに旅)ブログ

コメント