気温40℃の中、古代エジプトの遺跡を観光!

エジプト
DCIM100GOPROGOPR2004.JPG

またしばらく更新が止まってしまっていた。

まだエジプトを旅行中です。動画・写真を撮りながら観光してると、夕方にはもうぐったり疲れてしまって、それでも動画の編集などをしてると、なかなか写真を整理して、ブログの更新まで手が回らない!という言い訳です。

ルクソールを出発して、電車でエドフで下車。そこからミニバスに乗って(ホルス神殿)を見てきました。

(デンデラ神殿)と同じデザインの神殿で、プトレマイオス王朝のものです。こちら(ホルス神殿)は第1の巨大な門が残っており、その迫力は凄いです。

また庭園、外壁も残っているので、(デンデラ神殿)と(ホルス神殿)を見ると、これらの神殿がどんな形をしていたのか、はっきりわかることができます。

エジプトに来たわぁ。 Coming to Egypt !

(ホルス神殿)観光のあと、また電車に乗って(アスワン)に来ました。

2泊予約していた(ヌビア村)にある宿まで、小さなボーと(5ポンド)に乗って、砂地の道を歩いてチェックインです。

f:id:kunitabi:20210326151136j:plain
ヌビア村のホステル

(ヌビア村)のホステルは、(快適)とは言えないものの、バルコニーから見える景色は、まぁゆっくりしててキレイでした。

ナイル川を見ながら、ゆっくりと1日の疲れを癒やすのでした!というよりも、日中がめっちゃ暑かったので、爆睡でした。

f:id:kunitabi:20210326152115j:plain
アブシンベル神殿

この日はアブシンベル神殿観光。

アスワンからミニバスで約3時間半(片道)、砂漠道を南に走っていきます。

もう(スーダン)まであとちょっとと言う所に、この(アブシンベル神殿)があります。巨大なラムセス二世の坐像が迎えてくれます。

f:id:kunitabi:20210326152414j:plain
王妃(ネフェルタリ)のための小神殿

隣には王妃(ネフェルタリ)のための神殿もあります。

この2つの神殿をたっぷり時間をかけて(と言っても約2時間)見てきました。とても懐かしい(アブシンベル神殿)の観光でした。

エジプトに来たわぁ。 Coming to Egypt !

午後2時頃(アスワン)に戻ってきた。

ずっと何も食べてたなかったので、もうお腹がペコペコで、まずレストラン???(食堂やな)に行ってランチです。

レバーの煮込みと、ご飯、エジプトのパン(エイシ)も付いてきた!などを、お腹いっぱい食べて、(ヌビア村)のホステルに戻って休憩です。

f:id:kunitabi:20210326152954j:plain
エジプト料理
f:id:kunitabi:20210326153253j:plain
アスワンの夕日

翌日は6時には(ヌビア村)のホステルをチェックアウトして、アスワン駅に行ってそこから電車で約1時間(ルクソールの方向、北)にある(コム・オンボ)で下車。

そこからトゥクトゥクに乗って(コム・オンボ神殿)を観光してきた。

(デンデラ神殿)(ホルス神殿)に比べると小さな神殿やけど、入り口が2つある珍しいデザインになっています。

この神殿の前のナイル川に、昔はたくさんワニがいたようで、ワニの顔をした(妊婦の神)セクベト神と(はやぶさ)のホルス神に捧げられた神殿ということで、入り口が2つになってるみたいです。

f:id:kunitabi:20210326153752j:plain
セクベト神のレリーフ

この神殿内には、古代のカレンダーが残っています。

今から2000年も前に、古代エジプト人はすでに(1年365日)で生活をしてたのがわかるし、(デンデラ神殿)に(星座)が残ってるし、今のぼくらの生活に(古代エジプト)がめっちゃ影響してることがわかります。

f:id:kunitabi:20210326154653j:plain
古代エジプトのカレンダー

観光が終わると、またトゥクトゥクに乗って駅に戻り、ルクソール行きの電車に乗って、以前泊まった(ボブ・マーリーホステル)に行って、カイロ行きの深夜バスまで、休憩をさせてもらいました。

アスワン→ルクソールは電車で4時間。ルクソール→カイロはバスで約8時間。

移動、移動が続いていました!

ボブ・マーリーホステルで休憩 Relax in (BOB MARLY HOSTEL) in Luxor

コメント