バンコクから3泊4日でラオス(ビエンチャン)旅行に行ってきた。

海外旅行

エアーアジアに乗って、久しぶりにビエンチャン(ラオス)に行ってきた。

パスポートを新しくしての初海外旅行です。と言ってもバンコクから1時間10分ほどでビエンチャンに着きます。

また手荷物(7キロまで)だけなら、往復4,500バーツ前後ととても安く行くことができます。

今回3泊したビエンチャン市内のホテルは1泊20ドルでした。部屋は狭かったけど、ひとり旅です。寝るだけです。ぼくは部屋にこだわりはありません。

満席ではなかったけど、飛行機の中はそこそこ乗っていました。

けど、ビエンチャンに着くと、(観光客あんまりいないなぁ~)という感じでした。

ビエンチャンの(ワットタイ国際空港)に到着からビエンチャンのホテルにチェックインするまでの動画です。

空港から市内のホテルまで、約5キロ、1時間ちょいの距離なんで、今回も歩きました。汗だくが映っています。

ホテルの横にベトナム料理屋さんがあったので、ビエンチャンでの初ランチはフォーを食べました。

ラオスの文化は、ほぼほぼタイと一緒なんで食べ物も特にコレ!ってなものはありません。なぜかフーなどの麺類を今回の旅では、よく食べていました。

かなり辛い(四川スープのタピオカヌードル入)です。

揚げた魚ののったトマトスープのフォー!

バンコクではあまり食べない麺類を、ビエンチャンで食べてきました。

店によるけど日本円で400円くらいからで、トマトスープのフォーは1,000円ほどでした。

ビエンチャンの観光はお寺です。

あとはパリの凱旋門に似た(似せた)建物です。以上!

ラオス全体でそのシンプル(素朴さ)みたいなのを売りにしてるんで、そんなに大した見ものはなさそうな感じです。

お寺はたくさんあるので、散歩して食べてのんびり過ごす時間を楽しむみたいです。

ビエンチャン市内には、オシャレなバー・レストランはたくさんあります。

どこもそんなに混んでいないので、ゆっくりと食事をすることができます。

あとバーもあるけど、タイに比べるとその数はまぁ少ない!

バーでサッカー(EURO2024)を見ながらラオスのビール(ビアラオ)のダークを飲んでいました。1本、300円ほどです。

このバーも、そんなに混んでる感じはしませんでした。

今回のビエンチャン旅行、なんと偶然にもタイの友達(ニューとマーク)に会ったので、3人でな愛とマーケットに行って晩ごはんをしてきました。

その動画がこちら!

毎晩、バーでビアラオを飲んでる旅行になってしまいました。

まぁ、それはそれで楽しかったんで、OKです。

観光もして、美味しいものも食べて、ゆっくり久しぶりのビエンチャンの街を散歩できたので良かったです。

ビエンチャンで暮らす人の姿を少し見られなのは良かったです。

それとぼくは日本人に生まれて良かったと、また改めて思いました。

そう言えば、夜中に大雨が降ってたみたいやけど、ぼくが散歩してる時にはほとんど降りませんでした。いやーラッキーです。

今回も、楽しく安く楽に海外旅行ができました!

ひとり旅の願望強いが実行は少数、潜在的ニーズあり−JTB調査

1年ちょい前(2023年3月)にラオスの(ルアンパバーン)に行ってきました。その時の動画です!

コメント

Translate »