やっと労働許可書(ワーパミ)をもらってきました。

#働く

金曜日の午前中、ディンデーンの労働局(外国人労働許可書オフィス)に行って、今回の会社で働く労働許可書をもらってきました。普段は混んでいる外国人用の労働許可書のオフィス、まったくのガラガラ。10分ほど待っただけで、あっさりもらうことができました。この時期にタイに働きに来る人も少なかったら、労働許可書を取る人もほとんどいない!ってことー。

外国人用の労働許可書はこのオフィスで発行してくれます。
コロナな対応しています。

コロナ禍なんで、オフィスの前(通路)にこんなデスクができていて、ここで労働許可書を発行してくれます。

うちの会社の代理店が書類などをやってくれていたので、ぼくは顔を見せに行っただけです。受け取りは本人も行くというルールがあるようなので、直接はこの中の係の女性から労働許可書をもらいました。

ぼくを見て(ハンサムやなぁ?結婚してるの?子供は何人?)とか、仕事とはまったく関係ない質問をされて、(彼女もいません)と答えると、(私も、独身やで!)と、係の女性に言われました。ぼくは(嫁を探しに来てるんか?)と思ったけど、まったく違って(労働許可書を取りに)来てるんやなぁ!と思い出しました。

労働局の1階

労働局の1階。仕事の減ったバイタクの人への救援物資。1人1袋もらっていました。

リポビタンD

帰りのタクシーの運転手さんが、なぜか(リポビタンD)をくれたので、はじめて飲んでみたけど、美味しいねぇ。ただ、なーんにも疲れることしてないし、なんでくれたんやろ?

という訳で、タイ生活、タイで働くために必用なことは、ほぼ終わったと思う。いや、あとまだ(日本大使館)に在留届を出さないとアカン。実は、日本に帰る時に(帰国する)と伝えてないので、そのままになっています。なんで、ぼくの場合(在留届け)ではなくて、(住所変更届)を出さないとアカンにゃわ。月曜日にやってしまおう! 今は、どこも空いてるので、早く終わります。ラッキー!

○ 仕事(くに旅)ブログ

徳島の阿波踊り in バンコク

コメント