ダナンのパワースポット(五行山)に登って、もうヘトヘト+ヘトヘト。

ダナン

(ホイアン)から(ダナン)戻る途中に、このパワースポットと言われる(五行山)を観光して来ました。

英語では(マーブルマウン)と呼ばれていて、この山は大理石で出来てるみたいです。

そんなに高くも大きくもない山なんやけど、この(五行山)の観光、めっちゃ気合を入れていかないと、死にます!

f:id:kunitabi:20200619135630j:plain
洞窟に仏像があります

(五行山)のふもとで入場券を買って、階段を登り始めました!もちろん初めは、楽勝気分で登っていました。

この(五行山)にたくさんの洞窟があって、その中に仏像があります。洞窟はもちろん天然のものなので、それぞれが奇妙な形状をして、また暗い洞窟のなかにある仏像が神秘的に感じます。

30分くらいはいいんやけど、なかなか急な上りにだんだんしんどくなってきた。

ちっさな山やのい、アップダウンがけっこうあって、徐々に徐々にキツくなってきました。

f:id:kunitabi:20200619140140j:plain
観光客がいっぱい

人気の観光スポットなので、たくさんの旅行者がいました。比較的大きめの洞窟に入ります。

出入り口が狭い所もあるので、順番をちゃんと守って観光をします。

f:id:kunitabi:20200619140413j:plain
(天国の門)やて!

自然と大理石の山、洞窟、独特の建造物で、観光自体は楽しいし、写真を撮るスポットもたくさんあります。でも、脚がガクガクになってきます。汗もドクドク流れてくるほど大変な山です。

ぼくは途中でTシャツを着替えました。あまりの汗で、Tシャツからポタポタ水分(ぼくの汗)が落ちていたんで、新しいTシャツに着替えて、後半に挑みました。

f:id:kunitabi:20200619140839j:plain
(五行山)頂上から、周辺の村を見下ろす

やっと頂上に着いて、ぼくの目に飛び込んできたのは!!!!

エレベーターです。 えーっ、エレベーターで登って来れるん!!!

ぼくが登り始めた場所と反対側(ぼくにとっての出口)は、いきなりエレベーター(有料)で頂上まで行けるようになっていました。

エレベーターから降りてくる外人さん、中国の人を見て、びっくり!!!

みんな、爽やかな顔しとんなぁ! ぼくは汗でベショベショ、ボロボロです。

そして帰り道、と言っても、山を下るのもまたけっこう大変なんや。

小雨が降り出したのもあって、気をつけて(五行山)を下っていきました。

けっきょく、(観光)というより(トレーニング)になってるんよなぁー。それに、はじめはけっこう写真を撮ってたけど、後半はぜんぜん撮れていない(中国の万里の長城も、そうやった)。

疲れてくると、歩くので精一杯なんで、あんまり写真を撮ってる余裕がありません。

という訳で、エレベーターで登れば楽しい(五行山)でした!!!ではなく、

普段から歩いて、運動することも意識して、脚・身体を鍛えておけば、海外旅行はもっと楽しくなる!と言うことです。

あとは靴・シューズ選びです。自分の足にあった、歩きやすい靴を見つけておくのが、やっぱり良いですねぇ。 

◯ ベトナム

コメント