(エフェソス)観光。古代の図書館やや、聖母マリア家やら!スゲーです。

エフェソス

ここ(エフェソス)もそうやけど、やっぱりエーゲ海に面しているところには、遺跡がいっぱい残っているな。

古代ギリシャや古代ローマも、海を渡ってがやはり便利やったんやろな。またモノを運ぶにしても、船を活用する!てので、海に近い場所に古代の都市が多く残ってるのかもしれない。

この日は、(エフェソス)観光です。

(アイドゥン)からミニバスで(セルチュク)という町まで行って、そこからまたミニバスで5分(エフェソス)に到着です。

雪は降っていなかったけど、めっちゃ寒い朝でした。それでは、観光スタート!

f:id:kunitabi:20210120150758j:plain
この道が、昔の港まで続いていたのかも?

(エフェソス)もかなり大きな都市やったのが、歩いて回っていると感じることができる。それぞれの道は柱が立ててあり、かなりの数なので、その迫力を想像することができます。開門10時に入ったぼくは、しばらくの間誰に会うこともなく、1人でゆっくり観光ができました。

f:id:kunitabi:20210120151120j:plain
ケルスス図書館

1番の見ものはこの(ケルススの図書館)。

中はさほど大きくないけど、この入口のデザインは圧巻です。なんと美しいデザインを考えとるんやぁ、古代人は!!!!

で、この名前になってる(ケルスス)さんてのは、古代ローマの学者さんなんやって!

興味のある人は、勉強してください。

この図書館は、たっぷり動画も撮ってきたので、(見たいがなぁー)という人はこちら

エフェソスの図書館、カッコいい! Ephesus library is so cool !

その他に大小の円形劇場など、まぁ見るところが多い(エフェソス)です。

でもやっぱり壊れてるのがほとんどやけど。2000年も前のものなので、それは仕方がない。想像力を奮い立たせて、楽しみましょう!

同じ敷地に(マリアの教会)てのがあって、オー!やっぱり宗教がかぶってるんやなぁー!と思います。歴史です。

ギリシャ神話の神々から、キリスト教へと移っていったんやろな!古代の遺跡を改造して、教会にしてたのかもしれません。たぶん、そうやと思う。

エフェソス観光後、タクシーと交渉して、7キロ離れた山の上にひっそりとある(聖母マリアの家)に行ってきました。

聖母マリアが最後に住んでいた家として残っているけど、真実かどうかはわからないらしい。

でも、イエスの死後、イスラエルを離れ、ここトルコの(エフェソス)の山の上でひっそりと余生を過ごしていたかも?と想像すると、聖母マリアもまた(スゲー人生)やったんやなぁーと思ってしまいます。

まぁ、歴史に!そして崇拝の対象になってる(聖母マリア)様やし、(スゲー人生)に決まってるんやけどな!

f:id:kunitabi:20210120151628j:plain
聖母マリアの家


今日もたっぷり見て、色々と考えて、めっちゃ寒い思いもして!と、本当に楽しい1日やった。

さて、明日は(どんな日)なんやろな??

コメント