ヒッタイトの遺跡を見て、アンカラ経由で一気にイスタンブールまで!

アンカラ

木曜日からいたアンカラを、日曜日(2月7日)に出発!

もうアンカラですることはない!日曜日もすべて閉まっているので、移動日に使おう!という作戦です。

アンカラのバスターミナルに行くための地下鉄は、止まっていた!

仕方がなくバスを探したが、わからなかったので、歩くことにした。グーグルマップで1時間4分とあったので、そのくらいなら歩ける、まだ時間もある!ので、いざウォーキング!

アンカラのバスターミナルに着くと、(ボアズカレ)行きのバスを探したが、行くバスがなかったので、その近くの町(ヨズガト)まで行くことにした。

f:id:kunitabi:20210210002225j:plain
アンカラのバスターミナルは、めっちゃ大きい

約3時間かかって(ヨズガト)に到着すると、もう夕方の4時やった。

(ヨズガト)のホテルにチェックインして、散歩と晩メシの買い物。小さいけど、とても明るい感じの町で、日曜日やというのに(アンカラ)より人の姿があった。

スーパーでパンとハムなどを買ってきて、それを食べながらヨーグルトドリンクを飲んだ。

トルコのヨーグルトドリンクはとても美味しい!癖になってます。

f:id:kunitabi:20210210002529j:plain
ヨズガトの時計台

その他にこの町(ヨズガト)で、することを探しても特に見つからなかったので、さっさと寝ることにしました。

翌朝、朝メシを食べるとすぐにチェックアウトして、また(ヨズガト)のバスターミナルに戻り、(ボアズカレ)行きのバス(ミニバス)を聞いたけど、出ていない!と言われたので、仕方がなくタクシーに乗った。

250トルコリラ(約3,750円)と、さほど高くはない(車で約40分)んやけど、トルコの物価かからすると、なーんとなく高い気もする!

まぁ、それでも(ボアズカレ)には行きたいので仕方がいない!レッツゴーです。

f:id:kunitabi:20210210002957j:plain
ボアズカレは古代(ヒッタイト王国)の首都

ボアズカレ(ボアズキョイとも言う)は、古代ヒッタイト王国の首都やったところで、古代エジプト(ラムセス2世)などと戦争をしている。

有名な(カデシュの戦い)です。    

エジプトの(アブシンベル神殿)に、この戦争の壁画が残っています。

もとエジプトガイドのぼくにとっては、めっちゃ重要な遺跡です。なので、来ないわけには行かなかった!

ヒッタイト、ロマンス! Hittite, romance !

見るものの多い(トルコ旅行)では、パスする人も多いと思うけど、ぼくはここ(ボアズカレ)をたっぷりと歩いてきた。 感動や!

小さな博物館も見学して、バスを探したけどなくて!タクシーもなくて、困っていたら、偶然近くの町(スングルル)まで行く!というトルコのおじさんを見つけて、(スングルル)のバスターミナルまで、車に乗せていってもらった!

ヒッチハイク、成功です! ラッキーです。

f:id:kunitabi:20210210004031j:plain
(スングルル)のバスターミナル

(スングルル)のバスターミナルから(アンカラ)行きのバスに乗って、(アンカラ)から(イスタンブール)行きの夜行バスに乗りました!

f:id:kunitabi:20210210004200j:plain
アンカラの夕日

(アンカラ)のバスターミナルで約3時間半待ちやったけど、動画の編集をしたり、コーヒーを飲んだり、散歩したりして、時間を潰して、30分遅れの(イスタンブール)行きのバスに、やっと乗ることができました。あとは寝るだけ!

f:id:kunitabi:20210210004400j:plain
ライオンズゲート

気がつくと、もうトルコ旅行も1ヶ月です。

フラフラ回ってると、あっ!という間に時間が過ぎるねぇ!

とりあえず、これで日本の国土の2倍あるトルコの西側を半周、クルッとした感じかなぁ! まだ、もうちょっと続くけど!

ヒッタイトの遺跡は、それこそエジプトのそれ!と比べると、残っていないし、大したことのないようにも思えるけど、そこは(想像力)でカバーしないと!

国が繁栄して、また衰退する。それは、どこの国でもそうであり、(繁栄)すると、次に来るのは、ほぼ(衰退)なんですよ!

それでも(繁栄)の時期が、少しでもあって、そこに生きた人たちは、他の物より(ちょっとだけ、もっと)幸せだったんとちゃうかなぁ??


コメント