ソコ、入り口をこちょこちょ!

#勉強

タイトルが(過激)な本もたくさんあります。パッと目に止まってしまうな。【捨てられる男たち】やて、怖いわ。むかし、村上龍さんの(すべての男は消耗品である)という本を読みました。残酷な真実やなぁ! 今日の本はこれ!です。大人こそ、毎日勉強!ですよ。


この本の初めに(マーケターのように生きる)と(求められる人)人になれる。(自分らしく)輝く。という言葉がでてきて、それに惹かれて買いました。言葉には力があります。

最近は(営業)の勉強をしていたけど、ちょっと(マーケティング)! 他の人が何に興味を持っているか?何に困っているのか?を知って、そこに提案、お助けなどをするのが(営業)ということになるとすると、(マーケティング)力てのも、勉強しとかんとアカンということです。

それは(思いやり)とか、(相手の立場にたって)にも繋がると思うんやけど、自分のことより(相手のことを考える)癖をつけると、楽しい人生にも繋がるんではないかと思っています。まぁ、まず読んでみましょう。

本を選びは、まずタイトルを見て、カバーのデザインを見て、もくじをザーと読んで、面白そうなら購入!という流れやと思うけど、あとぼくの場合(時の大きさ)も決め手になります。老眼なんで、字があまりにも小さいと、読めないので、その本は買わない。読めないんやから、買っても仕方がないし、面白そうでも(縁がなかった)と諦めます。

そう考えると、はじめての人との出会いも同じ気がする。まず、顔(容姿)を見て、挨拶する声、声の大きさを感じて、表情を確認してなど、第一印象で(好き)(嫌い)を判断する。これって、オモシロイのが、第一印象で(嫌い)やと、まぁ(好き)に変わることはないわ。ほんで、第一印象が(好き)に分類されても、後に(嫌い)になる人も多い! まぁ、はじめ(嫌い)やと、その先に進まないから、(好き)にはならないんやけど、(好き)でも(嫌い)の分類に変わるのはなんでなんやろな? 印象は良くても(学び)に繋がらないとか、ツルンでも(メリット)がない!とか、(面白さ)がない!とか、ただの(ポンコツ)やった!とか、勝手な自分の判断で、(嫌い)になってるやろな!

人が残酷なのか? ぼくが残酷なのか?知らんけど、そんな感じがする。 最近、色々と勉強していると、ますます(人嫌い)になっていってるような気がするけど、相変わらず(キレイな人)だけは、大好きです。

つまり、本も人間も(見かけ)(デザイン)が重要!ってことでしょうか? 違うかなぁ??

◯ 勉強(くに旅)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漫画版 人は見た目が9割 [ 山田 一喜 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/6/16時点)


コメント