(デジタル化)も大切やけど、やっぱり日本人の英語力(世界55位)でアカンでしょ!

#英語

(ライザップ)さんが、(デジタル化)に投資100億円!ってニュース。凄いなぁーと思うけど、コンテンツも英語で作れば(世界で売れる)ことになるので、やっぱり(英語)でしょ!と思います。

去年(2020年)発表された(EF英語能力指数ランキング)世界100カ国中、日本は55位でした。ここでは、(なんで日本人は英語が苦手か?)てのは置いておいて、改めてアジアなんかを中心に見てみたい。実際、ぼくが旅行に行った時の(肌感覚)も、参考にちょっと書いてみたい。

左の(非常に高い)から右に向かって5つのランクに分けられてる。真ん中が(普通)てことになるけど、30位マレーシア、32位韓国、38位中国なんかが入っている。

確かにマレーシアはめっちゃ英語が通じた思い出がある。ボルネオ島旅行で、そう感じたのをハッキリ覚えてるもんなぁ。(◯ マレーシア(くに旅)ブログ) コタキナバルで散髪に行ったけど、その店の従業員の人達も普通に英語が話せた。ボルネオ島で、英語通じるやん!と思ったもんなぁー。

若い人の失業率が問題になってる韓国なんかは、やっぱり(英語)が生きる道!になってるのかもしれないなー。

(低い)に入っていて、55位が日本で、62位エチオピア、65位ベトナム、68位スリランカ、69位トルコです。5年前に行った(エチオピア)なんか、ぜんぜん英語が通じない!という感じやったけど、62位なんやなぁ。スリランカも(通じない)イメージやし、トルコは(ぼくは)意外と通じるイメージです。

(非常に低い)の84位カンボジア、89位タイ、93位ミャンマーで、タイは意外と(英語が通じる、特にバンコク)感じがあるけど、読み書きなんかがダメなんかもしれない。カンボジアに負けてるのが、タイには屈辱的やろし、今年はもうミャンマーに抜かれてるかもしれない。そっか、ミヤンマー今(国が荒れてる)ので、英語の勉強どころではないかもなぁ!タイ、チャンスやん!特に思うけど、タイの若い人も(クーデター)やってるので、やっぱり今年も、このあたりの感じがする。

まぁ、よその国より(日本)やな。相変わらず(英語が苦手)なんやなぁ。でもこれからの世界、絶対に英語がますます必要になってくるので、勉強するに越したこと無いと思うなぁ。

とくにコロナで外国人が来なくなったので、(必要性)をまた感じなくなってるかもしれないけど、この時期(勉強できる時間のある時に)、少しずつでも(英語の勉強)をした方がいいと思います。

ユーチューブで(英語)の面白いコンテンツを見つけて、ちょっとずつでも見て、聞いて勉強しましょう!

この(Top Think)さんも、意外と聞きやすいし、面白い。人生や仕事などを向上させていくヒントを話しています。例【幸せになる方法、幸せになる7つの習慣】英語

How to Be Happy – 7 Habits of Happy People

◯ 英語(くに旅)ブログ

コメント