バンコクの刑務所でクラスターやな。ぼくは1回、(飲酒運転)で、パタヤ警察署の留置所に入ったことがある。

タイ

最近またタイでも感染者が増えてる!ってのは知ってたけど、日本と同じ様にワクチン接種が上手く進んでないのと、刑務所の中でクラスターで、2,000人もの人が感染って、これまたヒドイよな!確かにタイの刑務所の中は、人がいっぱいで、ゆっくり横にもなれないって!聞いたことがあるけど、そんなけ悪いことをするヤツが多いってことなんやろか?

【バンコクの刑務所で新型コロナクラスター、2000人以上感染】

ぼくのタイ生活12年のうち、(パタヤ生活)が2年半あったんやけど、この時は毎週末ウォーキングストリートのクラブ(インソムニア)に行っていた。

はじめの頃は、夜中の12時ごろに行ってたんやけど、朝の6時7時までオープンしてる(インソムニア)で遊んでると、ベロベロベロ!になってしまうので、だんだんもっと遅い時間に行くようになって、最終的には朝4時に(インソムニア)に行くようになった。

金曜日の夜、仕事から帰ってくるとそのまま寝て、朝4時に起きて、バイクでビューとウォーキングストリート、クラブ(インソムニア)で朝7時までの3時間遊ぶ!という生活をしていて、よく同僚に笑われていた。

パタヤ生活は、朝5時過ぎにジムでちょこっと運動をして、それから会社に行っていたので、週末も4時起きやと(生活のリズム)を変えなくていいので、これがベストや!と思っていた。平日は5時起き(ジム)(仕事)で、週末は4時起き(インソムニア)でした。

ある朝、(インソムニア)からの帰り、バイクで走っていると警察に止められて、飲酒運転で逮捕されました。遊びに行くのにパスポートなんか持ってきてないので、パトカーに乗せられて、パタヤのデパート(セントラル)の横にあるパタヤ警察の3階の留置所にぶち込まれてしまいました。その3階には、タイ人の男性用、タイ人の女性用、外国人用と3つのオリになっていて、ぼくは外国人用に入れられた。

ぼくと一緒に捕まったのが、フランス人のおっさんと韓国人のにいちゃんで、3人とも(インソムニア)で飲んでいた!というのがわかって、オリの中で笑っていました。フランス人のおっさんが、この留置所でたら、今晩また(インソムニアに行こうぜ!一緒に飲もうぜ!)と言ってたのを覚えています。捕まっても陽気なフランス人のおっさんでした。

会社のHRエーさんに電話して、約4時間後3万バーツの保釈金と、ぼくのパスポートを持って、助けに来てもらったので、無事に留置所を出ることができました。

たまにパタヤに行って、(セントラル)の横のパタヤ警察を見るたびに、このことを思い出します。危ないのと、捕まると面倒くさいんで、絶対に(飲酒運転)はヤメましょう!

ぼくも、深く反省しております。

◯ パタヤ(くに旅)ブログ

バンコクから寝台列車でチャンマイに来た。Bangkok to Chiang Mai by sleeper train.

コメント