快適な海外生活(タイランド編)コンドミニアム、アパートの家賃。

#タイ

海外生活をする上で、やっぱり(お金)(物価)てのが気になります。日本は今(物価の安い国)になってしまっているので、アメリカやヨーロッパに行くと(高いなぁ)となってしまいます。ぼくが12年住んだ東南アジア(タイ)も、年々物価が上がってきて、これまでみたいに定年退職したら、年金でタイのチェンマイに住んで!なんてできなくなってきています。減りつつある年金では、もうタイでも住めない時代になってきています。

ただタイは、世界の中でも(快適な国)の1つやと思う。まず(安全)(日本人、日本の物がたくさんある、手に入る)、気候(年中温かい)、英語が通じる、また(就労ビザ)が取りやすい!など、そしてまだ(物価がそこまで高くない)と、これだけの条件の揃っている国は、なかなか無いと思う。

他にも、タイ国内にリゾート地がたくさんある。またタイから、近隣国への海外旅行が簡単、安いなど、他にももっとあると思う。

ランチタイムのバンコク

タイ国内にたくさん日系の会社があるので、(現地採用)など比較的たくさんの(求人)があります。給料も5万バーツ(約17万円)くらいからで、月5万バーツなら(なんとか)生活はしていける。(けど、今のバンコク、5万バーツではまぁキツキツやと思う)

で、生活で1番の固定費てのが(家賃)やろけど、今のバンコクで最低ラインが月8,000バーツ(3万円)くらいなので、日本よりまだちょっと安いくらいやと思う。ただぼくの知り合い(バンコクに住んでいる日本人)は、だいたい1.5万バーツから、3万バーツくらいのコンドミニアムに住んでいる人が多いみたい。月5万円から10万円くらい。さすがに(現地採用)だと、高くて2万バーツ(7万円)くらいまでの所に住んでる人が多いと思う。

日本では、まぁ安くても4.5万円くらいの(家賃)を払うことになると思うので、もう少し(快適な暮らし)を!という人は、タイで仕事をしながら暮らすのが良いと思います。日本より、固定費(家賃、水道電気代、スマホ代など)も抑えられるので、月20万円以上の仕事をゲットすると、そこそこ快適なタイ・ライフを過ごすことができます。

タイ生活は快適です。

海外生活で1番大切なのは、現地で友達を作る!ってことやと思う。みんな1人では行きていけないし、タイの場合(日本人)の知り合いはけっこうできると思うけど、やっぱりタイならば(タイ人)の友達を作らないと、楽しい(タイ生活)は送れないと思うので、タイ語英語を勉強すると、快適な生活になると思います。

ただ(タイの友達)と言っても、ヤバい(タイ女性)やと、お金がいくらあっても足りなくなるので、そこんところは注意したほうがいい。お金のいっぱいある人は、どんどん使えばいいけど、今の日本の生活をちょっと脱出して、快適な!という人は、良い友だちを見つけるようにしましょう!

現在は、コロナの影響で、バンコクで働けなくなって、田舎に帰る人も多いようです。バンコクの家探し、引っ越しには良い時期なのかもしれんなぁー。

◯ タイランド(くに旅)ブログ

◯ 海外生活(くに旅)ブログ

コメント